雨漏りの原因と予防法

室内の天井から落ちてくる雨水は、屋根や外壁、サッシ、ベランダなどが浸入口として考えられます。
室内の天井に達するまでには、必ず柱や壁、梁なども濡れていますから、徐々に腐っていってしまい、強度を保つことができず、地震にも弱い家になってしまいます。
雨漏りが起こる状態というのは、しみこんだ水分を吸収しきれなくなり、たれてくるため、雨漏りに気づいた時には、すでに末期の状態をいえます。
よく、たれた水を洗面器やバケツで受け止めるというシーンが映画やドラマなども出てきますが、ただ煩わしだけではなく、シロアリを発生させる原因にもなってしまいます。

シロアリは、湿気の多いところを好み、雨漏りによって木材が腐り、水分がたまっているようなところは、格好の住処となってしまいます。



通し柱や土台など、構造物に重要なシロアリの被害を受けた場合には、建物の倒壊にもつながりかねませんから、要注意です。

そのほかにも、壁の中や天井裏などに湿気がこもってしまうと、喘息やアレルギーなどの原因となるカビが発生してしまい、健康にも影響してしまいます。

知って大満足のエキサイトニュースサービスの評価に関する耳より情報を公開しています。

雨漏りは、建物の老朽化によって起こりますが、瓦の割れや、外壁塗装の劣化などいくつかの原因が考えられます。



一般的に瓦は、最下層に下地となる野地板があり、その上に防水シートを張っていますが、老朽化によって瓦が割れたりヒビ我はいると、防水シートがむき出しになってしまい、紫外線などにさらされて防水能力が著しく劣化してしまいます。外壁も新築時に比べ、日々紫外線や雨風にさらされることで劣化がすすみ防水機能が低下していきますから、定期的にメンテナンスを行うことが大切です。