雨漏りの兆候となる現象

天井から滴り落ちてきた水滴が床や廊下に貯まっていたり、天井が水に濡れて変色していたりしてはじめて雨漏りしていることに気付くものですが、実はこうなる前から雨漏りは発生しています。



初期段階では、雨水が屋内に入ってきたとしてもその量が少ないため、気付かないことがほとんどです。

被害が深刻になってはじめて、雨水が入っていることがわかるケースが大半を占めています。

ロケットニュース24のお得情報を用意いたしました。

このような事態を予防するには、雨漏りの兆候となる現象を知っておくことが大切になります。
雨漏りの初期症状として、ぜひ覚えておきたいのが白亜化現象です。

白亜化現象とは、屋根材や外壁材の塗装面を触ったときに、白い粉が指に付くことをいいます。
白い粉が学校の黒板などでお馴染みのチョークの粉のように見えることから、この名前で呼ばれています。



白亜化現象は、塗装表面の劣化が進んでいることを表しており、この状態を放置しておくと、近い将来に塗装が剥げて鋼材がむき出しになってしまいます。


塗装は屋根材や外壁材を紫外線や雨風から防いで、錆や亀裂が入ることを防いでくれますが、塗装が剥げてしまうとその役割が果たせなくなります。


屋根や外壁を指で触ってみて、白い粉のようなものが付着するのを発見した場合、雨漏りの予防のために塗装工事を考えてみることが重要です。
白亜化現象に気付くには、定期的に家の壁や屋根をチェックする必要があります。

年に1度、あるいは半年に1度など時期を決めておいて、点検を実施するように習慣づけるとよいでしょう。